国立感染症研究所ホームページ

細胞化学部

Department of Biochemistry and Cell biology

平成23年1月10日更新
      担当者 熊谷
 

細胞化学部の目的は「感染症その他の特定疾患に関する細胞化学的及び細胞生物学的研究に関することをつかさどる」ことにあります。 細菌、ウイルス、プリオン等の病原体による感染症の発症要因をその宿主細胞の面から解析する方向で研究に取り組んでいます。 特に、病原体の感染とその生体防御の様々な局面において重要な役割を担っている宿主細胞膜の機能解明を当部の研究主軸にしています。 更に、感染症の分子レベルからの基礎研究の成果に立脚して、疾病の予防、診断、治療のための応用研究も行っています。

 
 

各室の紹介

細胞化学部は部長のもとに以下の4つの研究室があります。

細胞化学部部長:花田賢太郎

第一室 (生体高分子学室)

第二室 (生体膜解析室)

第三室 (細胞機能室)

第四室 (細胞病態化学室)

最近の業績

               

感染研の年報をご参照下さい

平成16年度
平成17年度
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度