Contents











   Japanese   English








アタマジラミの駆除剤抵抗性についての全国調査結果


                                                   
2012年7月11日
                                    国立感染症研究所昆虫医科学部第三室

国立感染症研究所昆虫医科学部では,2006年から2011年までの6年間にわたり,アタマジラミ駆除剤(スミスリン)抵抗性の全国調査を行ってまいりました。

これは,死んだアタマジラミから抵抗性に係わる遺伝子を検出する方法に基づく調査です.

その結果,下表1および2に示すように,全国の医療機関(沖縄県を除く)で採取された試料からは抵抗性遺伝子をもつコロニー(コロニーとは1人の患者さんから採取したシラミのこと)の割合が5.0%でした.

一方,沖縄県で採取されたアタマジラミの多く(95.9%)から抵抗性遺伝子が検出されました。

また,過去6年間で,抵抗性遺伝子保有コロニー率に顕著な増減の傾向は認められませんでした。

本調査に基づく研究成果は,学術論文として近々発表する予定でおりますが,その概要は「厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業)分担研究2011年度報告書 」のダウンロードによりご覧いただけます。

2期にわたる研究事業期間を終えた今,わが国におけるアタマジラミ駆除用新規薬剤の導入の必要性を訴求することにつき一定の役目が果たせたと考え,これをもちまして全国調査を一旦終了することといたしました。

これまで試料提供にご理解とご協力をいただきました医療機関,都道府県衛生研究所,保健所の皆さま,ならびに保護者の皆さまに,厚く御礼申し上げます。





表1 試験数に占める抵抗性コロニーの年次推移(2006〜2011年) 表をクリックすると拡大

保護者提供のアタマジラミや沖縄県由来のアタマジラミは抵抗性の割合が高いことから,分けて算出してあります.
保護者提供以外のアタマジラミは主に皮膚科医もしくは保健所を通じて入手しました.



表2 都道府県別の試験数(=コロニー数),抵抗性数および抵抗性率(2006〜2011年)







5.アタマジラミに関する資料

<厚生科学研究成果報告書>

冨田隆史(2011)アタマジラミのピレスロイド系駆除剤抵抗性 新興・再興感染症研究事業 小林研究班報告書

冨田隆史(2009)アタマジラミのピレスロイド系駆除剤抵抗性 新興・再興感染症研究事業 小林研究班報告書

冨田隆史(2008)アタマジラミのピレスロイド系駆除剤抵抗性 新興・再興感染症研究事業 小林研究班報告書

<アタマジラミ対応マニュアル>
アタマジラミ対応マニュアル 〜福祉・教育・医療スタッフ向け手引書
(豊島区池袋保健所作成,2007年)

アタマジラミ駆除方法の手引き 〜アタマジラミ駆除方法10例〜 (資料編)
(豊島区池袋保健所作成,2008年)

<アタマジラミの駆除剤抵抗性に関する総説>

冨田隆史,駒形修,葛西真治(2009)アタマジラミとスミスリン抵抗性 皮膚病診療 31, 906-913.

冨田隆史,葛西真治,小林睦生(2003)シラミの駆除剤抵抗性と病原体媒介能の実態 生活と環境 48, 45-51.

<その他,アタマジラミに関する論文,書籍>

Kasai S, Ishii N, Natsuaki M, Fukutomi H, Komagata O, Kobayashi M, Tomita T (2009) Prevalence of kdr-like mutations associated with pyrethroid resistance in human head louse populations in Japan. Journal of Medical Entomology 46, 77-82.

Tomita T, Yaguchi N, Mihara M, Takahasahi M, Agui N, Kasai S (2003) Molecular analysis of a para-sodium channel gene from pyrethroid-resistant head lice, Pediculus humanus capitis (Anoplura: pediculidae). Journal of Medical Entomology 40, 466-474.

Tomita T, Yaguchi N, Mihara M, Agui N, Kasai S: Sodium channel point mutations associated with pyrethroid resistance in the head louse, Pediculus humanus capitis. In: New Discoveries in Agrochemicals (Clark JM, Ohkawa H Eds.), American Chemical Society Symposium Series No. 892, Oxford University Press, pp. 234-243, 2004.

Kasai S, Mihara M, Takahashi M, Agui N, Tomita T (2003) Rapid evaluation of human louse susceptibility to phenothrin. Medical Entomology and Zoology 54, 31-36.

Lee S, Tomita T, Kasi S (2006) Storage stability of nucleic acids in body louse. Medical Entomology and Zoology 57, 105-110.




Copyright(C)2010 Department of Medical Entomology, NIID All Rights Reserved.