次回の更新は、1月20日の予定です。


2017年 第01週 (1月2日〜1月8日) 2017年1月11日現在

 2017年第1週の定点当たり報告数は10.58(患者報告数52,082)となり、前週の定点当たり報告数8.54よりも増加した。
 都道府県別では岐阜県(19.87)、秋田県(18.30)、愛知県(18.25)、沖縄県(17.93)、茨城県(17.30)、滋賀県(15.15)、福井県(13.69)、埼玉県(13.55)、三重県(12.61)、福島県(12.40)、千葉県(12.34)、静岡県(12.32)、京都府(12.23)、群馬県(11.18)、長野県(11.07)、広島県(11.01)の順となっている。42都府県で前週の定点当たり報告数よりも増加がみられたが、5道県では前週の定点当たり報告数よりも減少がみられた。
 全国で警報レベルを超えている保健所地域は19箇所(1道2府7県)で、注意報レベルを超えている保健所地域は224箇所(1都1道2府41県)であった。
 定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約81万人(95%信頼区間:70〜91万人)となり、前週の推計値(約59万人)よりも増加した。年齢別では、20代が約14万人、30代、40代が約11万人、50代が約9万人、70歳以上が約8万人、15〜19歳が約7万人、0〜4歳、60代がそれぞれ約6万人、5〜9歳、10〜14歳がそれぞれ約5万人となっている。また、2016年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約287万人となった。
 基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は718例であり、前週(436例)から増加した。47都道府県から報告があり、年齢別では0歳(34例)、1〜9歳(98例)、10代(27例)、20代(15例)、30代(16例)、40代(15例)、50代(25例)、60代(68例)、70代(138例)、80歳以上(282例)であった。
 国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2016年第49週〜2017年第1週)ではAH3亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の検出割合が同程度であった。
 詳細は国立感染症研究所ホームページ(http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-map.html)を参照されたい。



詳細     CSV形式


流行レベルマップの見方
     


Copyright ©2004-2008 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.