本文へジャンプ
一般向けTopページ
 カポジ肉腫とは
 HHV-8とは
 検査法と治療
 リンク

HHV-8 (カポジ肉腫ウイルス)とは


1。どんなウイルス?
2。感染経路
3。病気との関わり


どんなウイルス?
HHV-8はヒトヘルペスウイルスの仲間で,8番目に見つかったヒトヘルペスウイルスですのでヒトヘルペスウイルス8(human herpesvirus 8, HHV-8)とか、カポジ肉腫に関連するのでカポジ肉腫関連ヘルペスウイルス,または単純にカポジ肉腫ウイルスといわれています。他のヘルペスウイルスは水疱(すいほう)などを作るウイルスですが,HHV-8は他のヘルペスウイルスとは異なり,カポジ肉腫や悪性リンパ腫などの悪性腫瘍の発症と関連していることが最大の特徴です(表)。

(表) ヒトのヘルペスウイルス
 名前  略語 関連する病気 
 単純ヘルペスウイルス1型  HSV-1 口唇ヘルペスなど 
 単純ヘルペスウイルス2型  HSV-2  性器ヘルペス
 水痘帯状疱疹ウイルス  VZV  水ぼうそう,帯状疱疹
 エプスタイン・バーウイルス EBV   伝染性単核球症、リンパ腫など
 サイトメガロウイルス CMV  網膜炎,腸炎,脳炎,肺炎など 
 ヒトヘルペスウイルス6  HHV-6  突発性発疹
 ヒトヘルペスウイルス7  HHV-7  突発性発疹
 ヒトヘルペスウイルス8
(=カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス,
カポジ肉腫ウイルス)
HHV-8、KSHV  カポジ肉腫,悪性リンパ腫 



感染経路

HHV-8の感染経路は正確にはまだ分かってませんが、男性の同性間性的接触者(MSM)で感染率が高いことや,感染者の唾液にHHV-8が検出されることから,男性の同性間性的接触のアナルセックスや唾液から感染することが疑われています。海外ではMSMに感染者が多いといわれ、米国ではMSMの8%-24%がHHV-8に感染しています。また、日本人の健常者でも約1%が感染しており、多くは感染経路が不明です。

 



病気との関わり
一度感染したら生涯ウイルスは体内に潜伏すると考えられています。しかし、健康な人であれば、感染しても何も症状は出ませんので、治療の必要はありません。通常は感染しても一生、発症しないで終わります。ただし、HHV-8に感染している人がHIVに感染し、エイズを発症したり、何らかの理由で免疫不全になるとカポジ肉腫を発症する可能性があります。 また、非常にまれにHHV-8が原因で悪性リンパ腫などの悪性腫瘍を発症することがあります。

 

話題別
 
 カポジ肉腫とは  HHV-8とは  検査法と治療
 リンク



Copyright 2010, Department of Pathology, NIID, Japan