●Topics Top ●Home Page

非加熱血液凝固因子製剤によるHIV感染に関する情報提供

平成8年10月2日現在

このページには、厚生省・血液凝固因子製剤による非血友病HIV感染に関する 調査プロジェクトチームが行なった血液凝固因子製剤の投与状況の実態調査を公 開した、厚生省のページをリンクしてあります。

いわゆる薬害エイズ問題においては、血友病などの治療のために投与された非加熱血 液凝固因子製剤にHIV(エイズをひきおこすウイルス)が混入していたために、HIV に惑染したことが問題になっています。この非加熱血液凝固因予製剤は、現在は流通し ておりませんが、昭和53年から昭和63年までの間に流通していたものについては注 意が必要です。
 厚生省では、非加熱血液凝固因子製剤の投与によりHIVに感染された方の発症予防 及び治療、早期救済及び二次感染の防止を図るため、同製剤が血友病以外の病気の治療 のために投与されたケースについて、追跡調査を行ってきました。
 その結果、廃院・投与状況を確認する術のない医療機関・転居先不明などにより連絡 が取れない投与患者があったことから、非加熱血液凝固因子製剤を投与された可能性の ある方に対して広くHIV抗体検査をお勧めするとともに、廃院や投与状況不明の医療 機関名を情報提供することといたしました。

投与状況不明医療機関のリスト(厚生省による)

  1. 前文・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県
  2. 栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・石川県・ 福井県・長野県・岐阜県
  3. 静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県 ・島根県
  4. 岡山県・広島県・山口県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県 ・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
  5. 廃院の医療機関名簿
 上のリンクページに名前のある医療機関において治療を受け 各医療機関が示している投与の可能性のある 時期や診療科等に該当する方は、非加熱血液凝固因子製剤を投与された可能性があるの で、各医療機関への問い合わせ先へ相談し、HIV抗体検査を受診されることをお勧め します。

注意

 これらの情報提供された医療機関以外についても、下記の時期に下記の疾病の 治療を受けた場合は、非加熱血液凝固因子製剤が投与された可能性を否定できません。 このような条件に合致する方は、できるだけ早くご自分のかかっていた医療機関又 は保健所でHIV抗体検査を受けられることをお勧めします。

昭和53年から昭和63年の間に、