●家庭医向け;A型肝炎
 1947年にMacCallumらが潜伏期の異なる2種類のウイルス肝炎を区別し、潜伏期の短い方をA型肝炎、長い方をB型肝炎と命名しました。その後、KrugmannらはHAVを含む感染性血漿MS-1を分離、さらにBoggsらはMS-1の経口継代に成功し、1973年にFeinstoneらが糞便中に排泄されたMS-1ウイルス粒子を検出しました。HAVは直径27nmの正20面体粒子で、ウイルス遺伝子は1個の読みとり枠(ORF)を持つ約7500塩基長のプラス鎖RNAです。HAV粒子の蛋白質には4種類のキャプシド蛋白質(VP1, VP2, VP3, VP4)とゲノムRNAの5'末端に共有結合する蛋白質VPgがあります。ピコルナウイルス科、ヘパトウイルス属に分類されています。一部特定の培養細胞に感染、増殖しますが、その増殖速度は他のピコルナウイルスに比べ極端に遅いことが知られています。

●家庭医向け;B型肝炎
 1963年にBlumbergは、オーストラリア原住民の一人の血清が、たびたび輸血を受けている血友病患者の血清と寒天ゲル内で沈降反応を起こすことを見いだし、オーストラリア抗原と名付けました。1968年にはPrince、大河内がそれぞれ独立して血清肝炎と密接な関係のある抗原を発見しましたが、それはオーストラリア抗原と同じであることが確認され、HBs抗原として統一されました。HBVは直径42nmの球形粒子で7nmの外被(エンヴェロープ)と環状2本鎖(一部一本鎖)DNAとDNAポリメラーゼ、逆転写酵素などを包む直径27nmのヌクレオキャプシドからなるDNAウイルスです。HBV遺伝子は約3200塩基対からなる環状2本鎖DNAであり、1)外被蛋白をコードしているPreS/S遺伝子、2)コア蛋白(HBc抗原)とHBe抗原をコードしているPre-C/C遺伝子、3)DNAポリメラーゼ・逆転写酵素・5'末端結合蛋白(primase)などをコードしているP遺伝子、4)X蛋白をコードするX遺伝子の4種類のORFからなっています。ヘパドナウイルス科に分類されています。

●家庭医向け;C型肝炎
 1989年、カイロン社の研究グループが米国CDCの研究者らとともに同定しました。HCVゲノムは約9600塩基からなるプラス鎖RNAであり、その中にある約9000塩基の一つの大きなORFから前駆体蛋白質が産生されています。ゲノムの両端の非翻訳領域には二次構造に富む領域があるが、5'末端側にはIRES(Internal ribosome entry site)が存在し、翻訳反応の開始に重要な役割を持っています。前駆体蛋白質は、宿主細胞由来のシグナルペプチダーゼにより構造蛋白であるコア蛋白質、外被蛋白質(E1,E2)にプロセスされます。これらの下流にありウイルス粒子に含まれない非構造蛋白質NS2, NS3, NS4A, NS4B, NS5A, NS5BはHCV由来の2種類のプロテアーゼによって切断されます。フラビウイルス科に属し、フラビウイルス属、ペスチウイルス属とは異なる第三の属に帰属するものと考えられています。

●家庭医向け;E型肝炎
 HEVのウイルスゲノムは1989年、HCVとほぼ時期を同じくして同定されました。直径約30nmのウイルス外被を持たない小型のRNAウイルスです。患者あるいは感染サル糞便を用いた免疫電子顕微鏡では27?34nmの粒子として観察されます。HEVゲノムは約7.2kbのプラス一本鎖RNAで3’末端にポリアデニル基を持っています。この中には、5’末端からORF1, ORF3, ORF2の順にORFが一部重複しながら配列しています。ORF1は非構造蛋白質をコードし、N末端側からメチルトランスフェラーゼ、システインプロテアーゼ、RNAヘリカーゼ、RNA依存RNAポリメラーゼのモチーフがあります。ORF2は構造蛋白をコードしています。