総務部
 研究所における総括的な業務を担当すると共に、研究推進のための支援部門として、試験研究業務が円滑に遂行出来るように、総務課、会計課、調整課及び業務管理課の4課を置き管理運営を行っている。
 また、当所発行のJapanese Journal of Infectious Diseases (http://www.nih.go.jp/JJID/jjid.html)の編集を行う他、感染症を中心としたウイルス学、細菌学、寄生虫学、病理学、免疫学、疫学等に関する蔵書を所蔵している図書室を設けている。


企画調整主幹
 研究にかかわる事業の企画と実施についての総合的な調整を行っている。
 特に、国立感染症研究所内の研究プロジェクトの企画と実施についての総合的な調整、関係行政機関との連絡・調整、他の研究機関との研究プロジェクトの調整を行っている。


ウイルス第一部
 出血熱ウイルス、アルボウイルス、神経ウイルス、ヒトヘルペスウイルス、及びリケッチア・クラミジアについての基礎研究、これらの病原体に起因する感染症の実験室診断法の確立、疫学的研究、病態発現機構の研究、予防治療法の研究を行っている。また、標準品の作製と供給、これらの病原体に対するワクチンの検定や検査を行っている。第二室は WHO の日本脳炎レファレンスラボに指定されている。


ウイルス第二部
 下痢症を起こすウイルス、ポリオウイルスを始めとするエンテロウイルス、経口感染及び血液を介して感染する肝炎ウイルスについての基礎研究及びウイルスに起因すると疑われる腫瘍性疾患についての病原や病因の検索等を行っている。これらのウイルスに起因する疾患のワクチン開発や改良、診断法の改善、開発も行っている。さらに、これらのウイルス感染症の疫学研究を行い、国内及び WHO のレファレンスラボラトリーとなっている。

ウイルス第二部公式ページへ


ウイルス第三部
 麻しんウイルス、ムンプスウイルス、風しんウイルス、急性呼吸器感染症ウイルス(インフルエンザウイルスを除く)及びサイトカインについての基礎研究、並びに上記の病原体に起因する感染症の実験室診断法の確立、疫学的研究、病態発現機構の研究、予防治療法の研究を行っている。
 また、標準品・参照品の作製と供給及びこれらの病原体に対するワクチンの検定や検査を行っている。世界保健機関(WHO)より世界麻疹特別研究室(GlobalSpecializedLaboratory;GSL)、西太平洋麻疹地域レファレンス研究室(RegionalReferenceLaboratory;RRL)の指定をうけている。重症急性呼吸器症候群(SevereAcuteRespiratorySyndrome;SARS)の診断法に関するWHOのmulti-centerresearchprojectに協力している。


細菌第一部
 細菌第一部においては、以下に挙げるような細菌の分類及び同定に関する研究、迅速診断法及び分子疫学的手法の開発研究、並びにそれらを用いての細菌感染症の流行解析を行っている。また、分子遺伝学的及び細胞生物学的手法を用い、細菌感染症の病原性の分子レベルの研究を行い、その成果を病原体診断・検査、治療及び、予防法の開発に応用させている。

細菌第一部公式ページへ


細菌第二部
 細菌第二部は、ジフテリア、破傷風、ボツリヌス症、百日咳、結核、マイコプラズマ感染症などの感染症及び日和見感染症、慢性持続性感染症の予防・診断・治療及びそれらに関するレファレンス業務に関わることを所管する。これらの細菌の病原因子、薬剤耐性の分子機構に関する研究を行う。さらに、DTaP ワクチンや BCG 製剤、精製ツベルクリン、抗生物質製剤の品質管理試験及びそれらの品質管理に必要な標準品に関すること並びにそれらのレファレンス業務を行う。また、生物学的製剤の統計解析、無菌性保証に関することを行う。一方、細菌感染症対策やワクチン製剤の品質管理等に関する国際協力に貢献する。


寄生動物部
 寄生動物部は原虫、蠕虫などの寄生虫に起因する感染症における病原機構、並びに感染防御に関する基盤的研究を行っている。また、これら寄生虫症の疫学、サーベイランス、診断、予防、治療に関する応用的研究を行っている。同時に、臨床からの検査依頼や診断・治療に関する相談に応じている。寄生虫症の消長は食生活の変化、地球温暖化、薬剤耐性出現等の社会、自然要因に大きく影響されており、常に新興再興感染症の隆盛を注視している。このため国内外の研究所・大学との研究協力や相互交流を積極的に行っている。

寄生動物部公式ページへ


感染病理部
 感染病理部は、寄生虫、細菌、ウイルス、プリオン等による感染症の発症病理および宿主応答に関する研究を行っている。感染症の病態解明はおもに宿主側から解析し、その結果が診断や治療に役立つものをめざしている。国内外から集められたヒト感染症例の生検・手術・剖検材料、そしてマウスやサルを用いた実験感染材料での発症病理の解析を病理組織学、免疫組織化学、insituhybridization、超微形態、分子生物学的方法を用いて総合的に解析している。また宿主の感染免疫応答、ワクチンの安全性と効果、宿主および微生物遺伝子の機能解析、そして新しいワクチン開発を行っている。生ワクチンの神経毒力試験や新興再興感染症の病理検査、たとえばウシ海綿状脳症の免疫組織化学による確認検査も行っている。

感染病理部公式ページへ


免疫部
 免疫部は、感染症の宿主病因の検索、病態の解明、診断、治療及び予防に関する免疫学的調査や研究を行っている。免疫学は学際的領域であり、国立感染症研究所内において免疫部は感染免疫の視点から横断的協力体制を、加えて、国内外研究機関と積極的に共同研究を推進している。また、感染症の免疫学的体外診断薬検査、ワクチン奏効機序や評価および国際協力を行っている。

免疫部公式ページへ


生物活性物質部
 生物活性物質部は、真菌感染症ならびに抗菌化学療法に関する研究と真菌症レファレンス業務を行っている。現在の主な研究分野は、真菌症の診断・制御薬の開発、真菌の病原因子の解析、細胞内情報伝達の制御、および真菌症における宿主生体防御機構の解明である。また、生化学的、遺伝学的、分子生物学的手法を用いた新しい活性評価系の開発、新規活性物質の探索、作用機序等の研究を行っている。

生物活性物質部公式ページへ


細胞化学部
 生命の基本単位である細胞を用い、細胞が分裂し増殖するという細胞の基本的な働き及び高等動物が示す分化した働きを、生化学、遺伝学、細胞生学的手法を駆使して分子レベルから解析し、その成果を医学、生物学の分野、特に微生物感染機構、免疫系細胞による生体防御機構、膜疾患、代謝性疾患等の発症機構の解析及びそれらの予防・診断・治療法の開発並びに化学治療法剤の開発等に応用する研究を行っている。

細胞化学部公式ページへ


昆虫医科学部
 疾病媒介や人体に対して有害な害虫類(昆虫類、ダニ類等)の分類、生態、生理機能、病原体の伝播機構、防除等に関する基礎的研究、調査研究、これらの害虫類に対する殺虫剤の効力検査等の業務を行っている。

昆虫医科学部のページへ


獣医科学部
 獣医科学部では動物由来感染症のリスク評価、動物由来感染症に関する診断法、予防法に関する研究並びにこれらの感染症の発症機構及び病原体に関する研究を行っている。


血液・安全性研究部
 ヒトに使用される血液製剤、輸血に関連する体外診断用医薬品の品質管理(検定、検査)、及びワクチン、抗生物質製剤に関連する毒性試験、発熱試験、物理化学試験等の安全性に関する試験部門を担当する。また、これらに必要な標準品の製造、維持、評価、及びそれらに関わる基礎的研究、上記製剤の安全性に関する宿主免疫応答に関する研究を行う。

血液・安全性研究部のページへ


国際協力室
 開発途上国等に対する技術協力として外国人研修員の受け入れ等について国際機関、外国政府機関等との協力の調整を行っている。その他に国立感染症研究所の国際的な調査、研究の調整を行っている。


バイオセーフティ管理室
 病原微生物、寄生虫ならびにこれらの産生する毒性物質及びアレルゲン等、生物学的相互作用を通して人体に危害を及ぼす要因となる因子の取扱いと保管及び環境の安全確保に必要な安全管理の統括を行っている。このために、実験技術及び実験設備・機器の定期的安全確認、BSL 3 及び BSL 4 実験施設の管理・運営、安全管理規程の遵守に関する指導、バイオセーフティ教育と訓練及び健康管理等を行っている。さらに、生物災害対策に必要な技術等についての研究及びバイオリスクマネジメントに関する情報の収集と提供を行っている。


放射能管理室
 放射線障害防止法に基づき当所における放射性物質の取扱い及び機器の管理の統括を行っている。また、放射性物質の生物学的利用について多面的に指導、連絡及び調整を行っている。さらに、それらを利用した分子生物学、生化学、生理学や遺伝学を含む基礎生物学と医学への応用研究を進めている。


動物管理室
 感染研の実験動物施設の適正な維持と管理、並びに生物学的製剤の国家検定・検査及び各種研究に用いる実験動物の飼育管理を担当している。施設の清浄性を確認するため、定期的に微生物モニタリング及び環境モニタリングを実施している。研究は、実験動物の感染症や感染症研究に利用される動物モデルの開発を行っている。


検定検査品質保証室
 生物学的製剤および抗菌性物質製剤の国家検定・検査の信頼性を確保するために、試験の実施において遵守すべき基準および規定の整備、試験の実施に必要な標準品の管理、および試験の精度および妥当性の評価を行っている。また、試験法の国際調和など、生物学的製剤の品質保証に関して、国際的な調整を行っている。


感染症情報センタ−
 平成11年4月に施行された感染症法では、サーベイランスシステムの強化が示されている。同法に基づいた基本指針の中には患者発生状況サーベイランスと同様に病原体に関する情報の収集、分析及び提供と公開も必要であるとされている。その中には国立感染症研究所に中央感染症情報センターを、地方感染症情報センターを各都道府県等域内に1ヵ所設置することが述べられている。
 感染症情報センター(IDSC)は、平成9年度に感染症疫学部が発展解消され新たに国立感染症研究所内に設立されたものである。IDSCは国のサーベイランス事業の中で中央感染症情報センターとして位置づけられ、地方感染症情報センターならびに都道府県等の協力を得て、感染症法に規定された1-5類感染症を中心にしたサーベイランスを行っている。
 感染症サーベイランスに関連するものとして、感染症情報(患者情報、病原体情報、血清疫学情報)の収集と分析・提供、感染症対策に関する立案と技術支援、実施疫学調査及び専門家の養成、病原体診断およびその技術の講習、およびこれらをより有効に実施するための研究を、情報センター内6室が共同して行っている。またこれらの感染症情報および研究内容等の交換は国内のみではなく、海外関係機関とも積極的に行っている。


エイズ研究センター
 エイズ研究センターは、HIV/AIDSに関する研究を強化することを主目的として1988年4月に設置された。HIVの属するレトロウイルスに起因する感染症を対象とし、その疾病制圧に向けた研究を推進している。特に、HIV感染症の克服に結びつく研究の推進を主目的とし、わが国のエイズ対策研究において中核的役割を果たしてきた。HIV感染症は、結核・マラリアとともに世界三大感染症の一つとして、その制圧は国際的に極めて重要な課題であり、国内における感染者数の増大も憂うべき状況にある。慢性持続感染を特徴とするHIV感染症克服に向けては、社会的予防活動・ワクチン・治療等を中心とする総合的かつ持続的な戦略が必要であり、臨床診断・検査技術の向上、国内外のHIV感染拡大状況把握等の疫学的解析、HIV感染者における治療薬耐性変異株モニタリング等の施策基盤となる研究に加え、新規ワクチン・治療薬等のHIV感染制御法開発に結びつく基礎および応用研究が重要となる。これらの研究の推進ならびにその成果の国内外への発信・導入により、わが国におけるHIV感染拡大防止およびHIV 感染者・エイズ患者のQOLの向上、さらには世界のHIV感染症の克服に貢献することを目標としている。

 当センターは2グループ3室から成る。第一および第二グループは、感染予防および感染者治療に関する研究を各々を行っている。3つの室は、 HIV(およびその他のレトロウイルス)の感染症克服に向けた施策の基盤となる疫学的研究(第一室)および診断・検査技術の向上・精度管理(第二室)に加え、上記の基盤的研究あるいは開発研究の基礎となる分子生物学的研究およびウイルス学的研究(第三室)を行っている。国内外の研究機関等との共同研究を推進し、全体として総合的な視点からの研究推進を目指している。一方、HIV流行地域であるアフリカ・アジア等を対象とし、その診断検査技術向上を目的として、JICA の要請による HIV感染診断技術に関する国際研修を年一回開催している。


エイズ研究センター公式ページへ


病原体ゲノム解析研究センター
 感染症に関わる宿主遺伝子の探索と解析、病原性ウイルス及び細菌の遺伝子解析を行い、これらの遺伝子産物の構造と機能を研究する。


インフルエンザウイルス研究センター
 インフルエンザ及びインフルエンザウイルスについての基礎研究並びに同ウイルス感染症の実験室診断法の確立、病態発現機構の研究、予防治療法の研究を行っている。
 また、インフルエンザワクチンの品質管理に必要な標準品・参照品の作製と供給及びインフルエンザワクチンの国家検定や検査を行っている。さらに WHO よりインフルエンザ協力センター、H5 レファレンス研究室、重要品質規制研究室としての指定を受けている。


附属図書館
当館では、 感染症を中心としたウイルス学、 細菌学、 寄生虫学、 病理学、免疫学、 疫学等に関する単行本及び雑誌を収蔵している。 また、 当所発行の隔月刊 Japanese Journal of Infectious Diseasesの編集翻訳係がある。 当誌は、国内外を問わず、 感染症に関する論文の投稿誌である。 投稿規定、 掲載論文は ホームページからも利用できる。


ハンセン病研究センター
 ハンセン病研究センターでは、感染制御部を設置し、ハンセン病・結核・非結核性抗酸菌症の検査・診断・治療・予防・疫学・フィールドワークなどについて、基礎から臨床に亘って国内外の研究者と連携し研究を推進している。さらに、ハンセン病の診断・治療効果判定などのための行政検査サービスも実施し、同時に抗酸菌感染症流行地であるアジア諸国の若手医師や研究者を対象とした研修等も行っている。感染制御部には、以下の8室が設置されている。

ハンセン病研究センター公式ページへ