更新日2011年5月14日

こちらは 国立感染症研究所ウイルス第一部第2室です。

VBV English Page




デング熱への警戒を呼びかける看板(フィリピン)

 A仕事の情報

 B最新情報の一覧   デング熱情報のページへ

 C連絡先

 D担当プロジェクト

 Eメンバー紹介

 F公告

 

仕事の情報

主な担当業務

* 日本脳炎ワクチン国家検定、依頼検査(輸出用等)

* デング熱/デング出血熱、チクングニア熱の検査(診断)

* 日本脳炎、ウエストナイル熱の検査(診断)

     * 黄熱ワクチンの行政検査、黄熱に関する検査

研究領域

*日本脳炎ウイルス、デングウイルス、黄熱ウイルス、ウエストナイルウイルス、チクングニアウイルス その他

top最初に戻る

最新情報の一覧

デング熱/出血熱 情報

 デング熱を疑われる患者さんの実験室診断は、当室で受け付けております。ウイルス分離を目的としていますので、発熱期の血清(凍結保存状態)および回復期の血清をペアーでお送りください。詳しくは下記までご連絡ください。
:03-5285-1188(ダイヤルイン) 林 昌宏まで
電話連絡が付かない場合は、e-mail: ck@nih.go.jp まで


詳しい情報はへ!

 トピックス 1999年ニューヨークで西ナイル脳炎が流行したとき、初めセントルイス脳炎と言われましたセントルイス脳炎って何?

電顕写真集

     PDF
 黄熱ワクチンに関する最新情報

top最初に戻る

最初に戻る

担当プロジェクト

デング熱/デング出血熱患者の実験室内診断と診断法の改良
デングウイルスに対するモデル動物の開発
新しい日本脳炎ワクチンの開発
ウエストナイル熱・脳炎、黄熱診断法の開発
チクングニヤ熱、西部ウマ脳炎、東部ウマ脳炎、ベネズエラウマ脳炎診断法の開発

最初に戻る

Staff

"林 昌宏、田島 茂、中山 絵里、前木 孝洋、谷口 怜、池田 真紀子、柴崎 謙一
協力研究員:松井 清彦、大松 勉、谷ヶ崎 和美、モイ メンリン
客員研究員:高崎 智彦
大学院生:藤間 大貴AZILA AZAMI

最初に戻る

公 告

日本脳炎、デング熱、黄熱、狂犬病は4類感染症ですが全数把握の対象疾患です.診断した医師は保健所に届け出て下さい

検体提出は地方衛生研究所または当室で受け付けます.

感染研のページへ

前のページへ

日本感染症学会