West Nile Virus
(ウエストナイルウイルス) -更新日2012年11月11日-

 News

 2012年患者情報 (by US CDC)
脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 総数 死者数
Alabama 32 11 43 1
Arizona 75 37 112 3
Arkansas 42 19 61 6
California 238 157 395 16
Colorado 60 69 129 3
Connecticut 12 9 21 0
Delaware 2 6 8 1
District Of Columbia 2 0 2 1
Florida 39 19 58 2
Georgia 37 32 69 5
Idaho 4 11 15 0
Illinois 157 74 231 10
Indiana 40 30 70 7
Iowa 11 19 30 0
Kansas 18 24 42 2
Kentucky 4 2 6 0
Louisiana 140 160 300 12
Maine 1 0 1 0
Maryland 23 22 45 4
Massachusetts 20 7 27 1
Michigan 137 64 201 13
Minnesota 34 36 70 1
Mississippi 98 139 237 5
Missouri 16 4 20 3
Montana 0 5 5 0
Nebraska 34 131 165 4
Nevada 5 3 8 1
New Hampshire 1 0 1 0
New Jersey 22 24 46 5
New Mexico 20 19 39 1
New York 55 43 98 5
North Carolina 6 0 6 2
North Dakota 38 48 86 0
Ohio 76 43 119 7
Oklahoma 98 86 184 12
Oregon 0 3 3 0
Pennsylvania 25 22 47 4
Rhode Island 1 1 2 0
South Carolina 20 9 29 3
South Dakota 62 140 202 3
Tennessee 18 14 32 1
Texas 765 919 1684 76
Utah 3 2 5 1
Vermont 1 2 3 0
Virginia 17 8 25 3
Washington 4 0 4 0
West Virginia 4 3 7 0
Wisconsin 39 15 54 4
Wyoming 3 4 7 0
Totals 2559 2495 5054 228

* Includes confirmed and probable cases. 2012年11月6日現在

2011年患者情報(by CDC)
脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 総数 死亡
Alabama 5 0 5 1
Arizona 49 20 69 4
Arkanasas 1 0 1 0
California 110 48 158 9
Colorado 2 5 7 0
Connecticut 8 1 9 0
Delaware 1 0 1 0
District of Colombia 10 5 15 0
Florida 20 4 24 2
Georgia 14 8 22 3
Idaho 1 2 3 0
Illinois 22 12 34 3
Indiana 7 2 9 1
Iowa 5 4 9 0
Kansas 4 0 4 1
Kentucky 4 1 5 1
Lousiana 6 4 10 0
Maryland 10 9 19 0
Massachusetts 5 1 6 0
Michigan 32 2 34 2
Minnesota 1 1 2 1
Mississipi 31 21 52 5
Missouri 6 4 10 0
Montana 1 0 1 0
Nebraska 14 15 29 0
Nevada 12 4 16 2
New Jersey 2 5 7 0
New Mexico 4 0 4 0
New York 28 16 44 2
North Carolina 2 0 2 0
North Dakota 1 3 4 0
Ohio 10 11 21 1
Oklahoma 1 NA 1 NA
Pennsylvania 5 1 6 0
Rhode Island 1 0 1 0
South Dakota 0 2 2 0
Tennessee 16 2 18 2
Texas 20 7 27 2
Utah 1 2 3 0
Vermont 1 0 1 0
Virginia 8 1 9 1
West Virginia 2 0 2 0
Wisconsin 2 1 3 0
Wyoming 1 2 3 0
Totals 486 226 712 43
2011年12月31日現在


2010年、患者発生数(2010年12月28日現在)
脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 総数 死亡
Alabama 1 2 3 0
Arizona 105 58 163 13
Arkansas 6 1 7 0
California 66 38 104 2
Colorado 26 55 81 4
Connecticut 6 1 7 0
District of Columbia 1 1 2 0
Florida 9 3 12 2
Georgia 4 9 13 0
Idaho 0 1 1 0
Illinois 41 15 56 3
Indiana 5 7 12 1
Iowa 2 4 6 0
Kansas 3 14 17 0
Kentucky 2 1 3 1
Louisiana 14 6 20 0
Maryland 17 6 23 2
Massachusetts 6 1 7 0
Michigan 25 4 29 3
Minnesota 4 4 8 0
Mississippi 3 6 9 0
Missouri 3 0 3 0
Nebraska 10 27 37 2
Nevada 0 2 2 0
New Hampshire 1 0 1 0
New Jersey 15 15 30 2
New Mexico 19 4 23 0
New York 89 38 127 3
North Dakota 2 7 9 0
Ohio 4 1 5 0
Oklahoma 0 0 0 0
Pennsylvania 21 9 30 0
South Carolina 1 0 1 0
South Dakota 4 16 20 0
Tennessee 2 2 4 0
Texas 77 12 89 6
Utah 1 1 2 0
Virginia 3 2 5 1
Washington 1 1 2 0
Wisconsin 0 2 2 0
Wyoming 2 4 6 0
Totals 601 380 981 45


2009年患者発生数 
ウエストナイル脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 総数 死亡数
Arizona 12 8 0 20 0
Arkansas 6 0 0 6 1
California 63 45 4 112 4
Colorado 36 67 0 103 3
D.C. 2 0 0 2 0
Florida 2 0 1 3 0
Georgia 4 0 0 4 2
Idaho 5 26 7 38 2
Illinois 5 0 0 5 0
Indiana 2 2 0 4 1
Iowa 0 5 0 5 0
Kansas 4 9 0 13 0
Kentucky 3 0 0 3 0
Louisiana 10 11 0 21 0
Maryland 0 1 0 1 0
Michigan 1 0 0 1 0
Minnesota 1 3 0 4 0
Mississippi 31 22 0 53 5
Missouri 4 1 0 5 0
Montana 2 3 0 5 0
Nebraska 11 41 0 52 0
Nevada 7 4 1 12 0
New Jersey 3 0 0 3 0
New Mexico 5 2 1 8 1
New York 5 0 2 7 0
North Dakota 0 1 0 1 0
Ohio 0 2 0 2 0
Oklahoma 8 2 0 10 1
Oregon 0 8 3 11 0
South Carolina 2 0 1 3 0
South Dakota 6 15 0 21 0
Tennessee 4 5 0 9 1
Texas 93 22 0 115 9
Utha 1 1 0 2 0
Virginia 5 0 0 5 0
Washington 25 8 5 38 1
Wisconsin 1 0 0 1 0
Wyoming 4 8 0 12 1
Total 373 322 25 720 32
2010/3月現在


2008年患者発生数 
ウエストナイル脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 総数 死亡数
1 Alabama 11 7 0 18 0
2 Arizona 62 43 9 114 7
3 Arkansas 7 2 0 9 0
4 California 292 149 4 445 15
5 Colorado 17 54 0 71 1
6 Connecticut 5 2 1 8 0
7 Delaware 0 0 1 1 0
8 District of Colombia 4 1 3 8 0
9 Florida 3 0 0 3 0
10 Georgia 4 3 1 8 0
11 Idaho 2 31 6 39 1
12 Illinois 12 4 4 20 1
13 Indiana 3 0 1 4 0
14 Iowa 3 0 3 6 1
15 Kansas 14 17 0 31 0
16 Kentucky 3 0 0 3 0
17 Louisiana 18 31 0 49 1
18 Maryland 6 7 1 14 0
19 Masschusetts 1 0 0 1 0
20 Michigan 11 4 2 17 0
21 Minnesota 2 8 0 10 0
22
Mississippi
22 43 0 65 2
23 Missouri 12 3 0 15 1
24 Montana 0 3 2 5 0
25 Nebraska 7 40 0 47 1
26 Nevada 9 5 2 16 0
27 New Jersey 6 4 0 10 2
28 New Mexico 5 3 0 8 0
29 New York 32 14 0 46 6
30 North Carolina 2 0 1 3 0
31 North Dakota 2 35 0 37 0
32 Ohio 14 1 0 15 1
33 Oklahoma 4 5 0 9 0
34 Oregon 3 13 0 16 0
35 Pennsylvania 12 2 0 14 1
36 Rhode Island 1 0 0 1 0
37 South Carolina 0 1 0 1 0
38 South Dakota 11 28 0 39 0
39 Tennessee 12 7 0 19 1
40 Texas 40 24 0 64 1
41 Utah 6 18 2 26 0
42 Virginia 0 0 1 1 0
43 Washington 2 1 0 3 0
44 West Virginia 1 0 0 1 0
45 Wisconsin 4 3 1 8 1
46 Wyoming 0 8 0 8 0
Totals 687 624 45 1356 44
(2008年最終報告数)

2007年患者発生数(米国) 
ウエストナイル脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 総数 死亡数
アラバマ 17 0 24 3
アリゾナ 50 45 2 97 6
アーカンサス 13 7 0 20 1
カリフォルニア 154 221 6 381 18
コロラド 99 477 0 576 7
コネチカット 2 2 0 4 0
デラウェアー 1 0 0 1 0
フロリダ 3 0 0 3 1
ジョージア 23 24 3 50 1
10 アイダホ 10 120 2 132 1
11 イリノイ 57 26 18 101 4
12 インディアナ 14 7 3 24 1
13 アイオワ 12 15 3 30 3
14 カンサス 13 26 0 39 2
15 ケンタッキー 4 0 0 4 0
16 ルイジアナ 27 13 0 40 2
17 マリーランド 6 3 1 10 0
18 マサチューセッツ 3 3 0 6 0
19 ミシガン 13 1 2 16 4
20 ミネソタ 44 57 0 101 2
21 ミシシッピー 49 86 0 135 4
22 ミズリー 61 16 0 77 5
23 モンタナ 37 164 1 202 4
24 ネブラスカ 18 126 0 144 3
25 ネバダ 2 6 4 12 1
26 ニュージャージー 1 0 0 1 0
27 ニューメキシコ 39 21 0 60 3
28 ニューヨーク 15 6 0 21 3
29 ノースカロナイナ 4 4 0 8 0
30 ノースダコタ 49 320 0 369 3
31 オハイオ 13 9 1 23 3
32 オクラホマ 59 46 1 106 8
33 オレゴン 7 19 0 26 0
34 ペンシルバニア 5 4 0 9 0
35 ロードアイランド 0 1 0 1 0
36 サウスカロナイナ 3 2 0 5 0
37 サウスダコタ 48 160 0 208 6
38 テネシー 5 3 3 11 1
39 テキサス 164 88 0 252 16
40 ユタ 28 42 0 70 2
41 バージニア 3 1 1 5 0
42 ウィスコンシン 7 6 0 13 1
43 ワイオミング 22 147 12 181 2
総計 1204 2331 63 3598 121
(2008年3月4日現在報告数)

2007年カナダでの患者発生数
ウエストナイル脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 総数
1 ブリティッシュコロンビア 8 8 2 18
2 アルバータ 21 297 0 318
3 サスカチェワン 40 419 963 1422
4 マニトバ 64 486 28 578
5 オンタリオ 1 11 0 12
6 ケベック 2 0 0 2
7 ノバスコシア 0 0 1 1
総計 136 1221 994 2351
(2007年11月17日現在)


<2007年ウエストナイル熱・脳炎患者数推移(米国)>
4/12 6/12 7/24 8/7 8/14 8/21 8/28 9/11 9/18 9/25 10/16 11/13 最終 死者数
2 6 122 308 444 576 741 1395 1982 2307 3022 3304 3598 121

<2006年ウエストナイル熱・脳炎患者数推移(米国)>
7/11 7/18 7/25 8/1 8/8 8/15 8/22 8/29 9/5 9/12 9/19 9/26 10/3 10/10 10/17 最終 死者数
10 15 33 87 192 388 581 901 1267 1634 2171 2720 3011 3135 3498 4269 177

<2005年ウエストナイル熱・脳炎患者数推移(米国)>
6/20 7/26 8/9 16 23 30 9/20 10/4 12 18 11/1 12/20 最 終 死者数
1 61 187 333 504 689 1512 2016 2148 2316 2470 2799 3000 119
<2004年ウエストナイル熱・脳炎患者推移(米国)>
6/22 7/27 8/10 17 24 27 31 9/10 14 10/12 19 26 11/8 2005/1/11 最終 死者数
32 265 495 689 843 922 1053 1309 1386 1951 2151 2231 2282 2470 2539 100



1)アルゼンチンでウエストナイルウイルスに感染し馬が3頭死亡しました。(2006年2月から3月にかけてです。)
2)ウエストナイル熱輸入症例の国内初報告症例については、IDWR(Infectious Diseases Weekly Report Japan)7(40)p13-14、
および感染症学雑誌80巻(1)p56-57「本邦で初めて確認されたウエストナイル熱の輸入症例」に掲載されています。




2005年11月1日現在CDCに報告された患者数は、2581人(42州)です。米国での患者発生総数は、この時点で昨年の患者数2470人を上回りました。

【2004年の出来事(時系列)】
◎オレゴン州で患者が報告されました(9/14)
◎アリゾナ州で患者発生が終息傾向を見せ始めました(9/1)
◎カリフォルニア州の患者数が、277人になりました。(8/24、カリフォルニア州保健局による)
◎ニューヨーク州で患者が報告されました。(7/16現在)

2002年の最終の患者発生は、12月19日でした。
また、2003年はチュニジアでウエストナイル熱が流行しました。



 ウエストナイルウイルスは、フラビウイルス科フラビウイルス属に属する。日本脳炎ウイルスやセントルイス脳炎ウイルスに近い。鳥類(野生と飼育の両方)に感染するが時に哺乳類にも感染し、ウマ科では時に脳炎をおこす。ヒトでも発病する。鳥がウエストナイルウイルスに感染して発病したり、死んだという報告は過去には少なかった。

潜伏期間3-15
(
WNVの混入した血液を輸血された患者が、輸血の2日後に発病した症例が CDCから報告されている)

臨床症状:多くは不顕性感染におわるが発症した場合以下のような病態となる。

通常型は急激な熱性疾患として発症し、頭痛、背部痛、めまい、発汗、時に猩紅熱様発疹(約半数の症例で認められる)、リンパ節腫大、口峡炎を合併する。患者は第37病日に解熱し、短期間に回復する。発熱はニ峰性を示すこともある。

脳炎型は重篤で高齢者によくみられる。中央アフリカでは劇症肝炎を併発した症例が報告されている、また心筋炎や膵炎を併発した例もある。

臨床検査所見は、白血球減少、脳炎患者の髄液では細胞増加とタンパク上昇が認められる。

治療法は、対症療法である。ウイルスは発症初期の血液から分離されることが多い。 

実験室内診断

 患者の急性期の血清からウイルスを分離するか、RT-PCR法によりウイルス遺伝子(RNA)を検出する。確定診断のためには、血清診断よりも信頼性が高い。

 IgG抗体は日本脳炎ウイルス等他のフラビウイルスに対して交叉反応を示すので注意を要する。IgM捕捉ELISA法により特異的IgM抗体を検出することにより診断できる。ただし、日本脳炎と西ナイルウイルスは極めて近い抗原性(図2参照)を示すため、症例によっては中和抗体価で判定する必要が生じる場合が予想される。しかし、中和抗体による場合診断にやや時間がかかる。

図1.ウエストナイルウイルスの分布地域 (日本脳炎ウイルスの分布地域との比較)

  

  ウエストナイルウイルスの分布地域(赤)、日本脳炎ウイルスの分布地域(水色)
  インド西部は、両方が分布する地域である。

  オーストラリア(オレンジ色)のクンジンウイルスは、遺伝子解析上は、ウエストナイルウイルスと考えられる。メキシコは、2002年に感染馬が確認された。

図2.ウイルス系統樹


JE:日本脳炎ウイルス・ WN:ウエストナイルウイルス・ SLE:セントルイス脳炎ウイルス

Vero細胞に感染し増殖したウエストナイルウイルス 
(原図:国立感染症研究所)

主としてCulex(イエカ)の吸血によって感染し、アフリカ(ウガンダ、コンゴ、中央アフリカ、マダガスカル、ケニア、エジプト)、地中海沿岸(フランスのカマルグ地方)、インド西部のきわめて広い地域に分布している。Culex(イエカ)のなかでもアフリカや中東においてはCulex univittatusCulex pipiens molestusが、アジアにおいては、コガタアカイエカ、アカイエカなどが主要な媒介蚊であるが、ヤブカ属も媒介可能である。

感染環:ウエストナイルウイルスは蚊-トリのサイクルで維持されている。トリ以外の中間宿主としてはコウモリも考えられている。ダニにも感染するがダニが媒介するという確証はない。
発生時期:温帯地域では、西ナイル熱・脳炎が発生するのは夏の後半から初秋にかけてである。
遺伝子的に極めて類似したKunjinウイルスはオーストラリアに分布しており、ときにヒトで脳炎をおこす。West Nileウイルスと同じく、馬では致死的な脳炎をおこす。

近年の流行:今回のニューヨークにおける流行以前にも、1994年アルジェリア、1996年ルーマニアにおいて流行した。

 2007年患者情報(by CDC)


2006年患者発生数(米国2006/10/17現在)
ウエストナイル脳炎/髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 死者数 総数
1 アラバマ 7 0 0 0 7
2 アリゾナ 48 58 41 6 147
3 アーカンサス 23 5 0 3 28
4 カリフォルニア 79 180 11 6 270
5 コロラド 63 269 0 7 332
6 コネチカット 7 2 0 1 9
7 ワシントンDC 0 1 0 0 1
8 フロリダ 3 0 0 0 3
9 ジョージア 2 5 1 1 8
10 アイダホ 111 752 26 14 889
11 イリノイ 116 70 24 9 210
12 インディアナ 26 7 42 3 75
13 アイオア 21 13 2 0 36
14 カンザス 17 13 0 4 30
15 ケンタッキー 5 1 0 1 6
16 ルイジアナ 88 81 0 0 169
17 マリーランド 7 1 2 0 10
18 マサチューセッツ 2 1 0 0 3
19 ミシガン 46 2 2 6 50
20 ミネソタ 30 35 0 3 65
21 ミシシッピー 84 89 0 10 173
22 ミズーリ 47 12 1 3 60
23 モンタナ 12 21 1 0 34
24 ネブラスカ 43 208 0 1 251
25 ネバダ 34 75 14 1 123
26 ニュージャージー 2 2 1 0 5
27 ニューメキシコ 3 5 0 0 8
28 ニューヨーク 16 7 0 4 23
29 ノースダコタ 20 117 0 1 137
30 オハイオ 36 11 0 4 47
31 オクラホマ 26 18 3 5 47
32 オレゴン 7 50 12 0 69
33 ペンシルバニア 8 1 0 2 9
34 サウスカロライナ 1 0 0 0 1
35 サウスダコタ 38 75 0 3 113
36 テネシー 15 2 0 1 17
37 テキサス 210 103 0 28 313
38 ユタ 56 101 0 5 157
39 バージニア 0 0 4 0 4
40 ワシントン(州) 0 3 0 0 3
41 ウエストバージニア 1 0 0 0 1
42 ウィスコンシン 11 9 0 1 20
43 ワイオミング 15 40 10 2 65
総 数 1386 2445 197 135 4028
*25州で死亡例が発生しています。
患者数100人を超えた州 患者数200人を超えた州



2005年患者発生数(米国):(最終統計)
     州 (42)     ウエストナイル脳炎あるいは髄膜炎 ウエストナイル熱 その他の症状 死者数  総数 
1 アラバマ 6 4 0 2 10
2 アリゾナ 50 61 2 5 113
3 アーカンサス 13 15 0 4 28
4 カリフォルニア 299 534 47 19 880
5 コロラド 21 85 0 2 106
6 フロリダ 10 11 0 1 21
7 コネチカット 4 2 0 1 6
8 デラウェアー 1 0 1 0 2
9 ジョージア 9 7 4 2 20
10 アイダホ 3 10 0 0 13
11 イリノイ 134 91 27 13 252
12 インディアナ 10 2 11 1 23
13 アイオア 14 21 2 2 37
14 カンザス 17 8 0 1 25
15 ケンタッキー 5 0 0 1 5
16 ルイジアナ 107 54 0 11 171
17 マリーランド 4 1 0 0 5
18 マサチューセッツ 4 2 0 1 6
19 ミシガン 52 8 2 4 62
20 ミネソタ 18 27 0 3 45
21 ミシシッピー 39 31 0 6 70
22 ミズーリ 17 13 0 3 30
23 モンタナ 8 17 0 0 25
24 ネブラスカ 55 133 0 5 188
25 ネバダ 14 15 2 1 31
26 ニュージャージー 3 3 0 0 6
27 ニューメキシコ 20 13 0 2 33
28 ニューヨーク 30 8 0 4 38
29 ノースカロライナ 2 2 0 0 4
30 ノースダコタ 12 74 0 0 86
31 オハイオ 46 15 0 2 61
32 オクラホマ 17 14 0 1 31
33 オレゴン 1 6 0 0 7
34 ペンシルバニア 14 11 0 2 25
35 ロードアイランド 1 0 0 0 1
36 サウスカロライナ 5 0 0 1 5
37 サウスダコタ 35 193 1 2 229
38 テネシー 15 3 0 1 18
39 テキサス 128 67 0 11 195
40 ユタ 21 31 0 1 52
41 バージニア 0 1 0 0 1
42 ウィスコンシン 11 6 0 2 17
43 ワイオミング 6 6 0 2 12
合計 1294 1607 99 119 3000


2004年 米国での患者発生数(2005年1月11日現在)
ウエストナイル脳炎
あるいは髄膜炎
ウエストナイル熱 その他の症状 総数 死者数
アラバマ州 15 0 0 15 0
アリゾナ州 129 76 186 391 14
アーカンサス州 12 9 1 22 0
カリフォルニア州 156 269 346 771 23
コロラド州 39 237 0 276 3
コネチカット州 0 1 0 1 0
ワシントンDC 1 0 0 1 0
フロリダ州 33 8 0 41 2
ジョージア州 12 7 0 19 0
アイダホ州 0 1 2 3 0
イリノイ州 28 28 1 57 3
インディアナ州 8 1 3 12 1
アイオワ州 13 8 1 22 2
カンサス州 18 25 0 43 2
ケンタッキー州 1 6 0 7 0
ルイジアナ州 81 21 0 102 7
マリーランド州 8 7 1 16 0
ミシガン州 13 3 0 16 0
ミネソタ州 13 21 0 34 2
ミシシッピー州 31 18 2 51 4
ミズーリ州 26 9 2 37 2
モンタナ州 2 3 1 6 0
ネブラスカ州 7 42 0 49 0
ネバダ州 25 19 0 44 0
ニュージャージー州 1 0 0 1 0
ニューメキシコ州 31 53 4 88 4
ニューヨーク州 7 3 0 10 0
ノースカロライナ州 3 0 0 3 0
ノースダコタ州 2 18 0 20 1
オハイオ州 11 1 0 12 2
オクラホマ州 15 5 0 20 2
オレゴン州 0 3 0 3 0
ペンシルベニア州 9 5 1 15 2
サウスカロライナ州 0 1 0 1 0
サウスダコタ州 6 45 0 51 1
テネシー州 13 1 0 14 0
テキサス州 114 44 0 158 8
ユタ州 6 5 0 11 0
ヴァージニア州 4 0 1 5 1
ウィスコンシン州 5 7 0 12 2
ワイオミング州 2 7 1 10 0
合計 900 1017 553 2470 88
◎アリゾナ州で死亡例が確認されました。(2004/6/29現在)
2004年6月8日現在、カリフォルニア州(1)、ニューメキシコ州(1)、アリゾナ州(6)でウエストナイル熱/脳炎患者が、8名発生していま す。(2003年の患者発生が報告されたのは、7月初旬でした)
◎2004年5月17日頃より、カリフォルニア(ロサンジェルス近郊)で飛行不能で落鳥が目立ちだし、死亡鳥の30羽以上WNV陽性。
◎2004年4月12日現在、すでにWNV感染による鳥の死亡が、カリフォルニアで確認されました。昨年、WNVはカリフォルニア州に本格的に侵入し、3人の患者が発生しました。米国では、「2年目現象」と呼ばれて、2年目に多くの患者が出ています。今夏は、カリフォルニア で患者が、急増する恐れがあります。
  

<2003年 北米での患者数>
国名 患者数 死亡者数
米国 9862 264
カナダ 1119 10
メキシコ 6 0


◎2003年も鳥から感染が始まって、2004年1月21日現在患者は9100人, 死亡222例です。
米国ではコロラド州で2477人、ネブラスカ州で1867人、サウスダコタ州で1038人の患者が発生している。
その他患者数が100人を超えた州は、アイオア、ルイジアナ、ミネソタ、モンタナ、オハイオ、ワイオミング、テキサス、ノースダコタ、ニューメキシコ、ペンシルバニア州である。

ウイルスが確認された州は46州です。アリゾナ州、ユタ州で初めてウイルスが確認され患者も発生しました。カリフォルニア州にも本格的にウイルスが侵入しました。10月8日、患者発生も確認されました。ネバダ州で患者発生が確認されました。アイダホでも患者が確認されました。


2002年から2004年の3年間の患者発生状況(米国)

(患者発生数・過去3年間の比較図 by 国立感染症研究所 ウイルス第一部)

1999年のニューヨークにおける
ウエストナイルウイルス感染症

l      臨床症状は発熱(98%)、消化器症状(80%)、異常な精神状態(64%)、頭痛(53%)、筋力低下(40%)、項部硬直(29%)、発疹(18)が代表的な症状で、このうち筋力低下は比較的特徴的な症状といえるようである。

l      臨床的には、筋力低下を伴う脳炎40%)・脳炎27%)・無菌性髄膜炎24%)であった。単に頭痛を伴う発熱を呈した症例が9%であった。なお初期の症例ではギランバレー症候群と診断された症例があったそうである。West Nile脳炎は髄膜脳炎であり、髄膜炎症状のみを呈する場合がある。

l      62例が実験室内診断でWest Nile脳炎と確定診断し、そのうち7人(11%)が死亡した。62例の内訳は、New York City (n=46), Westchester Co.(n=9), Nassau Co.(n=6), Canada (n=1)であった。なお、カナダ人の発症例は、ニューヨーク市のQueensを訪問し、帰国して5日後に発病した輸出症例(カナダからみれば輸入症例)である。

l      下水道から集めてプールした蚊から、またRed tail Hawkの脳から、2000年2月にWest Nileウイルスが分離された。したがって、ウイルスが越冬したと考えられる。

2000年の流行状況>

l      5月下旬から、ハドソン河などで死亡したカラスが見つかるようになり、脳・腎臓・肝臓などからWest NileウイルスがPCR等で検出され、今年も流行する可能性が大きくなった。カラス以外にもblue jay, Red tail hawkなども感染して死亡している。

l      CDCのの発表によれば、2000年4月から11月の期間中21例のヒト感染者が発病しうち2人が死亡しており、その内訳はコネチカット州では235例中1例、ニュージャージー州では55例中6例、ニューヨーク市では検討した512例中14例であった。ニューヨーク市以外のニューヨーク州では検討した589例中WNV感染者はみられなかった。2000年の流行の中心は、1999年、多くの発病者を出したQueens地区よりやや南西に位置するStaten Islandである。

*鳥に関して:
 2000年、12州の鳥4,139羽からウイルスが分離された。12州は、ニューヨーク州・ニュージャージー州・コネチカット州・マサチューセッツ州・ロードアイランド州・メリーランド州・ペンシルベニア州・ニューハンプシャー州・バージニア州・デラウェア州・ノースカロライナ州・バーモント州とワシントンDCである。

l      Culex pipiens、Culex restuansCulex salinariusは主として夕方から夜明けにかけて活動が活発であり、またAedes japonicusAedes triseriatusは昼間に刺す蚊であって、これらが西ナイルウイルスに感染していることが明らかになっている。

                         <2001年の流行のまとめ>
  
ウエストナイル脳炎・髄膜炎のヒト症例数は66例10州におよんだ。

  
鳥類について:5154羽のカラスと2179羽の他の鳥が感染し死亡した(合計7333羽)という報告があわせて27の州から 寄せられた。
  
ウマについては、19の州から合わせて733頭感染したことが報告されている。
  
蚊に関しては、やはり16の州から合わせて919プールの陽性が報告されている。

患者の発生した州(2001年):赤         感染馬の発生した州(2001年):緑



米国におけるウェストナイルウイルス感染者の月別発生者数 −2001年7月〜12月
総患者数66名、死亡者9名であった
                     


 
ウエストナイルウイルスは、既にカリブ海諸国に侵入したようである(CDCからの情報による)、フロリダおよびカリブ地域では、通年性の警戒が必要である。

2002年
全米で患者数4156例(死亡例284)が報告されている。
詳しい症例数は、
CDC West Nile Information
米国2002年の状況(地図と患者発生数[数字は加算数である])

 カナダの状況
 カナダでの2002年の患者発生数:409例(死亡18例、死亡率5.5%):2003年4月23日最終集計
メキシコの状況
 2002年馬の感染が報告されている。
       

2002年ウエストナイルウイルス月別発生者数(米国)


l      成田空港検疫所では、2000年7月末より出国ゲートにアメリカ東海岸への旅行者に西ナイル脳炎についての警鐘ポスターを掲示していましたが、9月6日より、入国ブースに「アメリカ東海岸から帰国される方へ」というポスターを掲示し、「熱」等の症状の有る方また「蚊にさされた記憶があり」心配な方に対して、健康相談(治療・検査に関してのアドバイス等)をする旨の呼びかけを実施しています。希望される方は成田空港検疫所健康相談室までお申し出下さい。


ウエストナイル熱の診断・治療ガイドライン
ウエストナイル熱・脳炎Q&A
感染症法における取り扱い

 ウエストナイル脳炎は、4類感染症全数把握疾患に該当する疾患です。(平成14年11月1日より)

 病原体診断(主としてウイルス分離)および血清学的診断(抗体検査)は、デング熱同様、当室においても実施いたします。ウエストナイルウイルス感染症を疑う症例に遭遇された医療関係者の皆様はご相談ください(TEL:03-5285-1111、FAX:03-5285-1188)。

ウエストナイルウイルス検査法 Ver.4へ(2006年7月改訂版)
当室は、人の診断目的でのウエストナイルウイルスの遺伝子検出に、ネスティッドPCR法を推奨していません。ウイルス分与様式に変更があります。
                               ウイルス第一部 第2室 )

 
 【業 績】
1)日本脳炎ワクチンのウエストナイルウイルスに対する防御効果の論文

Takasaki et. al. "Partial protective effect of inactivated Japanese encephalitis vaccine on lethal West Nile virus infection in mice" Vaccine 21(2003) 4514-4518
2)ウエストナイ不活化ワクチン・日本脳炎不活化ワクチンに関する論文
Chang-Kweng Lim et. al. "Vero cell-derived inactivated West Nile(WN) vaccine induces protective immunity against lethal WN virus in mice previously immunized with Japanese encephalitis vaccine" Virology 374(2008) 60-70

★ウイルス第一部第2室  関連論文(当室)リンクへ
日本脳炎、黄熱、デング熱、ダニ媒介性脳炎など情報満載)

★日本におけるデング熱/出血熱輸入症例情報
★黄熱のページへ(ワクチンに関する情報も掲載)
★セントルイス脳炎のページへ
感染研のページへ

各国各地のウエストナイルウイルス情報>
カリフォルニア州の情報へ
New York City Dept. of Health
CDC West Nile Information

カナダにおけるウエストナイルウイルス