News
★モイメンリン先生が、第26回加藤記念国際交流助成を受賞しました。
賞状へのリンク
☆モイメンリン先生が、石橋記念賞を受賞!!2014年11月19日に学士会館(2F202号室)で記念講演をします。
講演会プログラムへのリンク
★中山絵里先生が小児医学研究振興財団;平成25年度ジャパンワクチン研究助成金を獲得しました!2014年3月 選考結果へ
☆当室の二人が「第20回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究奨励賞」を受賞しました。2013年11月
  齋藤悠香:「日本脳炎ワクチン接種により誘導された抗体のデングウイルスに対する中和活性および感染増強活性の検討」
  中山絵里:「チクングニアウイルスのC型レクチン介在性細胞侵入機構」
★モイメンリン先生が、日本マレーシア学術会議2013でベストポスター賞を受賞しました(下)。2013年11月
 
☆モイメンリン先生が、マレーシアの有力紙に掲載されました(上)。2013年8月

<デングウイルス関連>2006年〜2013年

New.
37.
S Kutsuna, Y Kato, T Takasaki, M L Moi, A Kotaki, H Uemura, T Matono, Y Fujiya, M Mawatari, N Takeshita, K Hayakawa, S Kanagawa, N Ohmagari. Two cases of Zika fever imported from French Polynesia to Japan, December 2013 to January 2014. Eurosurveillance, Volume 19(4)8-11.
New
36. Moi ML, Takasaki T, Omatsu T, Nakamura S, Katakai Y, Ami Y, Suzaki Y, Saijo M, Akari H, Kurane I. Demonstration of marmosets (Callithrix jacchus) as a non-human primate model for secondary dengue virus infection: high levels of viremia and serotype cross-reactive antibody responses consistent with secondary infection of humans. J Gen Virol. 95,591-600. 2013

New.

35. Meng Ling Moi, Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane. Efficacy of tetravalent dengue vaccine in Thai schoolchirdren. The Lancet 381;1094. 2013.
黄熱ワクチン17D株とデングウイルス1−4型キメラワクチンのタイでの臨床試験で2型感染を防御できなかった原因についての意見文である。
New.
34. Meng Ling Moi, Tsutomu Omatsu, Shigeru Tajima, CK Lim, Akira Kotaki, Makiko Ikeda, --------, Ichiro Kurane, Tomohiko Takasaki. Detection of dengue virus non-structural protein 1 (NS1) by using ELISA as a useful laboratory diagnostic method for dengue virus infection of international travelers. J.Travel Medicine. DOI: 10.1111/jtm.12018.
2013年度からNS1抗原検出がデング熱診断の届け出根拠となります。そういう行政の施策を後押しする論文であり、こういう研究はNational Control Laboratoryとしての我々の責務でもあります。

33. Fujii Y, Kitaura K, Matsutani T, Shirai K, Suzuki S, Takasaki T, Kumagai K, Kametani Y, Shiina T, Takabayashi S, Katoh H, Hamada Y, Kurane I, Suzuki R. Immune-related gene expression profile in laboratory common marmosets assessed by accurate quantitative real-time PCR using selected reference genes.. PLoS One. 2013;8(2):e56296. 

32. Yoshida T, Omatsu T, Saito A, Katakai Y, Iwasaki Y, Kurosawa T, Hamano M, Higashino A, Nakamura S, Takasaki T, Yasutomi Y, Kurane I, Akari H. Dynamics of cellular immune responses in the acute phase of dengue virus infection. Arch Virol. 2013 Feb 5. [Epub ahead of print]

New.
31. Moi ML, Takasaki T, Saijo M, Kurane I. Dengue virus infection-enhancing activity of undiluted sera obtained from patients with secondary dengue virus infection. Trans R Soc Trop Med Hyg. 107(1):51-58. 2013.

30. Kazutaka Kitaura, Yoshiki Fujii, Takaji Matsutani, Kenji Shirai, Satuki Suzuki, Tomohiko Takasaki, Shin Shimada, Yoshie Kametani, Takashi Shiina, Shuji Takabayashi, Hideki Katoh, Kouetsu Ogasawara, Ichiro Kurane, Ryuji Suzuki. A new method for quantitative analysis of the T cell receptor V region repertoires in healty common marmosets by microplate hybridaization assay. J of Immunological Methods. 2012, 384: 81-91.
デングウイルス感染霊長類モデルのマーモセットのT細胞レパトアの新規量的解析法に関する論文で、マーモセットを使う他の研究にも有用です!

29. Mugen Ujiie, Meng Ling Moi, Taiichiro Kobayashi, Nozomi Takeshita, Yasuyuki Kato, Tomohiko Takasaki, Shuzo Kanagawa. Dengue virus type-3 infection in a traveler returning from Benin to Japan. Journal of Travel Medicine. 2012, 19(4): 255-257.
西アフリカの国、ベナンでもデング熱流行があることを示唆した日本への輸入症例を報告した。

28. Hirayama T, Mizuno Y, Takeshita N, Kotaki A, Tajima S, Omatsu T, Sano K, Kurane I,Takasaki T.Detection of dengue virus genome in urine by real-time RT-PCR: a laboratory diagnostic method useful after disappearance of the genome in serum. J Clin Microbiol. 2012, 50(6) 2047-2052.
 デングウイルス遺伝子が患者尿中から検出されることがあり、それはウイルス血症が消失した後にも検出する場合があり、診断上有用であることを報告した!
 
27. Ichiro Kurane, Takaji Matsutani, Ryuji Suzuki, Tomohiko Takasaki, Siripen Kalayanarooji, Sharone Green, Alan L. Rothman and Francis A. Ennis. T-cell Responses to Dengue Virus in Humans. Tropical Medicine and Health. 39 (4 Suppl): 45-51. 2011.
 デングウイルス感染におけるヒトT細胞免疫応答について論じた。
 

26. Tomohiko Takasaki. Imported dengue fever/dengue hemorrhagic cases in Japan. Tropical Medicine and Health. 39(4 Suppl):13-15. 2011
最近の日本のデング熱輸入症例に関する統計、傾向、特徴をまとめて報告した。
New. 
25.Tomohiko Takasaki, Akira Kotaki, Shigeru Tajima, Tsutomu Omatsu, Fumiue Harada, Chang-Kweng Lim, Meng Ling Moi, Mikako Ito, Makiko Ikeda, Ichiro Kurane. Demographic features of imported dengue fever and dengue haemorrhagic fever in Japan from 2006 to 2009. WHO Dengue Bulletin 35. 217-222. 2012

感染研ウイルス第一部で2006年から2009年に検査したデング熱輸入症例119例に関して、渡航先、年齢、性別、月別症例数などを解析した。

24. Meng Ling Moi, Chang-Kweng Lim, Kaw Bing Chua, Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane. Dengue Virus Infection-Enhancing Activity in Serum Samples with Neutralizing Activity as Determined by Using FcγR-Expressing Cells. Plos Neglected Tropical Diseases. 6(2):e1536. 2012
デング熱流行地であるマレーシアの患者血清を用いて、抗体依存性感染増強(ADE)活性を評価した。我々の開発したADE活性測定法を、日本の輸入症例以外の流行地症例に初めて応用した論文である。News
 本論文は、国際ワクチン学会から2012年3月の月間最優秀論文に選ばれました!
23. Yoshida T, Omatsu T, Saito A, Katakai Y, Iwasaki Y, Iijima S, Kurosawa T, Hamano M, Nakamura S, Takasaki T, Yasutomi Y, Kurane I, Akari H. CD16(+) natural killer cells play a limited role against primary dengue infection in tamarins. Arch Virol. 2011 Dec 3. [Epub ahead of print]
 
デングウイルス初感染におけるNK細胞の役割を霊長類モデルを用いて解析した。NK細胞上の主要発現分子であるCD16を投与したタマリンにデングウイルス2型を接種したところ、ウイルス増殖を抑制しなかった。すなわち、CD16+NK細胞現象はデングイルス増殖抑制に大きな寄与はしないことが明らかとなった。
22.
Ujiie M, Moi ML, Takeda N. Dengue macropathy in a traveler. Am J Trop Med Hyg. 2011 85(6): 965-966.
デング熱患者の眼底出血をこれだけ鮮明にとらえた写真は貴重(おそらく世界初)である。
21. Moi ML, Lim CK, Tajima S, Kotaki A,Saijo M,Takasaki T, Kurane I. Dengue virus isolation relying on antibody-dependent enhancement mechanism using FcγR-expressing BHK cells and a monoclonal antibody with infection-enhancing capacity. J Clin Virol. 2011 Aug 6. [Epub ahead of print]
Fcγ受容体発現BHK細胞に感染増強活性のあるデングウイルス抗体を添加することで、患者血清からのウイルス分離感度が上昇し、デングウイルス分離に良く使われるC6/36細胞より分離効率が高い場合があることを報告した。
20.
Matsutani T, Fujii Y, Kitaura K, Suzuki S, Tsuruta Y, Takasaki T, Ogasawara K, Nishimoto N, Kurane I, Suzuki R. Increased positive selection pressure within the complementarity determining regions of the T-cell receptor βgene in New world monkeys. Am J primatol. 2011. 73:1082-1092.
マーモセットにおけるT細胞受容体β遺伝子の活性に関する論文。マーモセットのT細胞受容体β可変領域の36遺伝子を同定した。新世界ザルではT細胞受容体遺伝子の相補性決定領域β内で高率に非同義置換が生じる正の圧力が存在することを報告した。
19. Omatsu T, Moi ML, Hirayama T,Takasaki T, Nakamura S, Tajima S, Ito M, Yoshida T, Saito A, Katakai Y, Akari H, Kurane I.Common marmoset (Callithrix jacchus) as a primate model of dengue virus infection: development of high levels of viremia and demonstration of protective immunity. J. Gen Virology. 2011 June 22
[Epub ahead of print]
新世界ザルのマーモセットがデングウイルスに対し高い感受性を示し、より自然なワクチンの評価モデルとして、病態解析モデルとして有用であることを報告した。
18. Meng Ling Moi, Chang-Kweng Lim, Akira Kotaki, Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane. Detection of Higher Levels of Dengue Viremia Using FcγR‐expressing BHK-21 Cells than FcγR‐negative Cells in Secondary Infection but Not in Primary Infection. The Journal of Infectious Diseases. 203:1405-1414. 2011
二度目の感染のデング熱患者の急性期血液中には、従来測定されていた感染性粒子数より高いウイルスが存在し、それは抗体と結合したウイルス粒子がFcγRを介して感染することを明らかにした。このような現象は初感染のデング熱患者では見られない。デング熱の病態解析、ワクチン・治療薬開発にとって重要な論文である。
17. Norihito Tarumoto, Yoshinobu Abe, Toshiyuki Yamaguchi, Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane, Shigefumi Maesaki. Dengue Fever as an Acute Feblile Disease after Overseas Travel: a Report of Two Cases. Jpn. J. Infect. Dis. 64:163-164. 2011
東南アジア(タイ、マレーシア・シンガポール)からのデング熱輸入症例報告です。
16.
Mikako Ito, Yuko Katakai, Fumiko Ono, Hirofumi Akari, Ryo-zabro Mukai, Tomohiko Takasaki, Akira Kotaki, Ichiro Kurane.Serotype-specific and cross-reactive neutralizing antibody response in cynomolgus monkeys after infection with multiple dengue virus serotypes. Arch. Virol. 156: 1073-1077. 2011
デングウイルス再感染によりカニクイザルに誘導される型特異的中和抗体および交差中和抗体の動態に関して報告した。
15.Tajima S, Takasaki T, Kurane I. Restoration of replication-defective dengue type 1 virus bearing mutations in the N-terminal cytoplasmic portion of NS4A by additional mutations in NS4B.Arch Virol. 156:63-69(2011)
レコンビナントデングウイルス1型遺伝子のNS4Aに11-50番の範囲内のアミノ酸を日本脳炎ウイルスの配列に置き換えることでデングウイルスの非構造タンパクNS4の役割を解析した。
14.M L Moi, M Ujiie, T Takasaki, I Kurane.Dengue virus infection in travellers returning from Benin to France, July-August, 2010. Eurosurveillance, Volume 15, Issue 39, 30 September 2010
 西アフリカのベナンから日本へのデング熱輸入症例を報告した。
13.
Moi ML, Takasaki T, Kotaki A, Tajima S, Lim CK, Sakamoto M, Iwagoe H, Kobayashi K, Kurane I. Importation of dengue virus type 3 to Japan from Tanzania and Cote d'Ivoire. Emerg Infect Dis. 16(11):1770-1772, 2010
アフリカ(タンザニア、コートジボアール)からのデング熱輸入3症例および分離ウイルス(3型)について報告した。
12.
Meng Ling Moi,Lim CK, Takasaki T, Kurane I.Involvement of the Fcγ receptor IIA cytoplasmic domain in antibody enhancement of dengue virus infection.J Gen Virol. 91:103-11. 2010.
デングウイルス感染における抗体感染増強にFcγ受容体IIA細胞内ドメインが関与することを解明した。
11.Meng Ling Moi,Lim CK, Kotaki A, Takasaki T, Kurane I. Development of an antibody-dependent enhancement assay for dengue virus using stable BHK-21 cell lines expressing FcγRIIA. J Virol Methods. 163(2):205-209.2010.
Fcγ受容体IIAを発現させたBHK(Baby Hamster Kidney)細胞を用いた抗体依存性感染増強現象測定法を開発した。
10. Moi ML, Lim CK, Kotaki A, Takasaki T, Kurane I. Discrepancy in Neutralizing Antibody Titers between Plaque Reduction Neutralizing Tests Using FcγR-negative and FcγR-expressing BHK-21 cells. Clin Vaccine Immunol. 17(3):402-407.2010
Fcγ受容体IIAを発現させたBHK(Baby Hamster Kidney)細胞を用いた中和抗体価は、Fcγ受容体を発現しない細胞を用いた中和抗体価と異なることを明らかにした。
9. Fujii Y, Matsutani T, Kitaura K, Suzuki S, Itoh T, Takasaki T, Suzuki R, Kurane I. Comprehensive analysis and characterization of the TCR alpha chain sequences in the common marmoset. Immunogenetics.62(6):383-95,2010
実験動物として注目されているマーモセットのT細胞受容体アルファー鎖の遺伝子解析に関する論文。
8. Takasaki T, Kotaki A, Nishimura K, Sato Y, Tokuda A, Lim C-K, Ito M, Tajima S, Nerome R, Kurane I. Dengue virus type 2 isolated from an imported dengue patients in Japan: First isolation of dengue virus from Nepal.J Travel Med. 2008 15:46-49.
ネパールでのデング熱流行が初めてウイルス学的に確認した論文。
7. Dewi BE, Takasaki T, Kurane I. Peripheral blood mononuclear cells increase the permeability of dengue virus-infected endothelial cells in association with downregulation of vascular endothelial cadherin. J Gen Virol.89(Pt 3):642-52.2008
血管内皮細胞にデングウイルスが感染することで血液透過性が亢進する事を示した。
6. Tajima S, Takasaki T, Kurane I.Characterization of Asn130-to-Ala mutant of dengue type 1 virus NS1 protein. Virus Genes. 36:323-329 .2008
デングウイルス1型の非構造蛋白(NS1)の130番目アミノ酸配列の変異の意味を解析した。
5. Ito M, Takasaki T, Kotaki A, Tajima S, Yuwono D, Rimal HS, dos Santos F, de Jesus MD, Lina BB, Tsuda Y, Lim CK, Nerome R, Caleres A, Shindo N, Drager RD, Andjaparidze A, Kurane I. Molecular and virological analyses of dengue virus responsible for dengue outbreak in East Timor in 2005.Jpn J Infect Dis. 63(3):181-184.2010
2005年、東チモールで流行した致死率の高いデング熱流行の原因ウイルスを分子ウイルス学的に解析した。
4. Eshita Y, Higashihara J, Onishi M, Mizuno M, Yoshida J, Takasaki T, Kubota N, Onishi Y. Mechanism of introduction of exogenous genes into cultured cells using DEAE-dextran-MMA graft copolymer as non-viral gene carrier. Molecules. 23;14(7):2669-83.
2009
3. Pandey BD, Morita K, Khanal SR, Takasaki T, Miyazaki I, Ogawa T, Inoue S, Kurane I.Dengue virus, Nepal.Emerg Infect Dis. 14:514-515.2008
ネパールにおけるデング熱流行を抗体検査で調査し、その流行を確認した。
2. Ito M, Mukai RZ, Takasaki T, Kotaki A, Kurane I. Antibody-dependent enhancement of dengue virus infection in vitro by undiluted sera from monkeys infected with heterotypic dengue virus.Arch. Virol.2010, Jul 20. [Epub ahead of print]
1. Yoko Nukui, Shigeru Tajima, Akira Kotaki, Mikako Ito, Tomohiko Takasaki, Kazuhiko Koike, Ichiro Kurane. Novel dengue virus type 1 from travelers to Yap State, Micronesia. Emerg Infect Dis. 12;343-346, 2006
非翻訳領域に塩基欠損のあるデングウイルス1型がミクロネシアでの流行株であった。


日本脳炎ウイルス
New.
15.
Dennis W. Trent, Philip Minor, Teeranart Jivapaisarnpong, Jinho Shin,WHO Working Group on the Quality, Safety and Efficacy of Japanese Encephalitis Vaccines (Live Attenuated) for Human Use. WHO working group on the quality, safety and efficacy of Japanese encephalitis vaccines (live attenuated) for human use, Bangkok, Thailand, 21e23 February 2012. Biologicals 41 (2013) 450-457
日本脳炎生ワクチンのWHOガイドライン策定に関する論文です。ワーキンググループのメンバーとしてTakasakiが参加しています。
14.
Nidaira M, Kyan H, Taira K, Okano S, Oshiro T, Kato T, Kudo N, Azama Y, Mahoe Y, Kudaka J, Tamanaha K, Takasaki T. Survey of Japanese encephalitis virus in pigs and wild boars on Ishigaki and Iriomote Islands in Okinawa, Japan. Epidemiol Infect. 5:1-5. (2013)
沖縄のブタ、イノシシから検出、分離された日本脳炎ウイルスに関する論文です。
13.
Ichiro Kurane, Ken-ichi Shibasaki, Akira Kotaki, Yasuaki Hijioka, Tomohiko Takasaki. The Effect of Precipitation on the Transmission of Japanese Encephalitis (JE) Virus in Nature: A Complex Effect on Antibody-Positive Rate to JE Virus in Sentinel Pigs. Int. J. Environ. Res. Public Health 2013, 10, 1831-1844. 2013.
日本脳炎ウイルスの活動性と気象条件の関係についての論文です。地球温暖化との関連を論じています。
12.
Suzuki R, Ishikawa T, Konishi E, Matsuda M, Watashi K, Aizaki H,Takasaki T, Wakita T. Production of single-round infectious chimeric flaviviruses with DNA-based Japanese encephalitis virus replicon. J Gen Virol. 95:60-65. 2013.
1回感染性フラビウイルス産生系レプリコンは機能的検査にも利用できます。
11.
Yamaguchi Y, Nukui Y, Kotaki A, Sawabe K, Saijo M, Watanabe H, Kurane I, Takasaki T, Tajima S. Characterization of a serine-to-asparagine substitution at position 123 in the Japanese encephalitis virus E protein. J Gen Virol. ;94(1):90-96. 2013.
日本脳炎ウイルスE蛋白123番目のアミノ酸変異が病原性に影響する。
10.
 Shimoda H, Inthong N, Noguchi K, Terada Y, Nagao Y, Shimojima M, Takasaki T, Rerkamnuaychoke W, Maeda K. Development and application of an indirect enzyme-linked immunosorbent assay for serological survey of Japanese encephalitis virus infection in dogs. J Virol Methods. 2013 Jan;187(1):85-89. 2012
家庭犬だって結構日本脳炎ウイルスに感染しているのですよ!!
9.
Kuwata R, Hoshino K, Isawa H, Tsuda Y, Tajima S, Sasaki T, Takasaki T, Kobayashi M, Sawabe K. Establishment and characterization of a cell line from the mosquito Culex tritaeniorhynchus (Diptera: Culicidae). In Vitro Cell Dev Biol Anim. 2012 Jun 16. [Epub ahead of print]
 コガタアカイエカの細胞から樹立した蚊由来細胞の論文です。五十嵐章先生のC6/36細胞に匹敵するヒット細胞になるか!
8.
Haruhiko Isawa, Ryusei Kuwata, Shigeru Tajima, Keita Hoshino, Toshinori Sasaki, Tomohiko Takasaki, Mutsuo Kobayashi, Kyoko Sawabe. Construction of an infectious cDNA clone of Culex Flavivirus, an insect-specific flavivirus from Culex mosquitoes. Arch Virol. 157:975-979. 2012
蚊が感染しているフラビウイルス(CxFV)の感染性クローンを構築した。今後の病態解析、ワクチン開発などに有用である。
7.
Fujii Y, Hayasaka D, Kitaura K, Takasaki T, R Suzuki, Kurane I. T cell clones expressing different T cell receptors accumulate in the brains of dying and surviving mice following peripheral infection with Far Eastern strain of tick-borne encephalitis. Viral immunology. 24(4):291-302. 2011.
日本脳炎ウイルスと近縁なダニ媒介性脳炎ウイルスに皮下接種により感染させたマウスにおいて致死にいたる個体と発病はしても生き残る個体の間で、脳内のT細胞レパトアを比較検討した論文である。VA8-1, VA15-1, and VB8-2ファミリーは共通して増加するが、死亡群ではVA15-1/AJ12 and VB8-2/BJ1.1遺伝子が利用され、生存するマウスではVA8-1/AJ15 or VA8-1/AJ23 遺伝子が利用される。
6
. Mohammed MA, Galbraith SE, Radford AD, Dove W, Takasaki T, Kurane I, Solomon T. Molecular phylogenetic and evolutionary analysses of Muar strain of Japanese encephalitis virus reveal it is missing fifth genotype. Infect Genet Evol. 2011 Feb 22. [Epub ahead of print]
1950年代の初めにマレーシア・シンガポールで日本脳炎が流行した。1952年マレーシアの日本脳炎症例から分離されたJEV(Muar株)が遺伝子型5型であることを遺伝子解析によって再確認した。
5.
Tajima S, Nerome R, Nukui Y, Kato F, Takasaki T, Kurane I. A single mutation in the Japanese encephalitis virus E protein (S123R) increases its growth rate in mouse neuroblastoma cells and its pathogenicity in mice.Virology. 2010 396(2):298-304
日本脳炎E蛋白の123番目のアミノ酸変異がマウスへの病原性違いをもたらすことを明らかにした。
4.
Fujii Y, Kitaura K, Nakamichi K, Takasaki T, Suzuki R, Kurane I. Accumulation of T-cells with selected T-cell receptors in the brains of Japanese encephalitis virus-infected mice. Jpn J Infect Dis. 2008 Jan;61(1):40-48
日本脳炎ウイルスに感染したマウスの脳内に選別されたレセプターをもつT細胞が浸潤する。
3.Arai S, Matsunaga Y, Takasaki T, Tanaka-Taya K, Taniguchi K, Okabe N, Kurane I; Vaccine Preventable Diseases Surveillance Program of Japan. Japanese encephalitis: surveillance and elimination effort in Japan from 1982 to 2004. Jpn J Infect Dis. 61(5):333-338.2008
1982〜2004年の日本脳炎発生状況が報告されている。
2.
Nidaira M, Taira K, Itokazu K, Okano S, Kudaka J, Nakamura M, Ohno A, Takasaki T. Detection of Japanese encephalitis virus genome in Ryukyu wild boars (Sus scrofa riukiuanus) in Okinawa, Japan. Jpn J Infect Dis. 2008 Mar;61(2):164-5. 2008
沖縄県の野生イノシシから日本脳炎ウイルス遺伝子を検出した。
.Masaru Kuwayama, Mikako Ito, Shinichi Takao, Yukie Shimazu, Shinji Fukuda, Kazuo Miyazaki, Ichiro Kurane, Tomohiko Takasaki. Detection of Japanese encephalitis virus genome in cerebrospinal fluids from meningitis patients in Japan. Emerg. Infec. Dis. 11(3):471-473, 2005
日本脳炎ウイルスにより引き起こされる髄膜炎症例が存在することを報告した。

ウエストナイルウイルス
New
3. Kitaura K, Fujii Y, Hayasaka D, Matsutani T, Shirai K, Nagata N, Lim CK, Suzuki S, Takasaki T, Suzuki R, Kurane I. High Clonality of Virus-Specific T Lymphocytes Defined by TCR Usage in the Brains of Mice Infected with West Nile Virus. J Immunol. 2011 Sep 9. [Epub ahead of print]
ウイルス1部J of Immunolに進出というところでしょうか。ウエストナイルウイルス感染マウスの脳内には、CD3(+)CD4(+)T細胞が局在し、CD3, CD8, CD25, CD69, perforin, and granzymes の発現はウイルスRNA量と相関することを報告した。また、興味深いことに、日本脳炎、ダニ媒介性脳炎、ウエストナイル脳炎それぞれでマウスの脳内の優位なT細胞は異なることが明らかとなった。
2.Lim CK, Takasaki T, Kotaki A, Kurane I. Vero cell-derived inactivated West Nile (WN) vaccine induces protective immunity against lethal WN virus infection in mice and shows a facilitated neutralizing antibody response in mice previously immunized with Japanese encephalitis vaccine. Virology. 374:60-70.2008
ウエストナイル不活化ワクチン、日本脳炎不活化ワクチンのマウスにおけるウエストナイルウイルス感染防御に関する論文
1.Takahashi H, Ohtaki N, Maeda-Sato M, Tanaka M, Tanaka K, Sawa H, Ishikawa T, Takamizawa A, Takasaki T, Hasegawa H, Sata T, Hall WW, Kurata T, Kojima A. Effects of the number of amino acid residues in the signal segment upstream or downstream of the NS2B-3 cleavage site on production and secretion of prM/M-E virus-like particles of West Nile virus. Microbes Infect. 11(13):1019-28. 2009

チクングニヤウイルス
New.
.
Mizuno Y, Kato Y, Takeshita N, Ujiie M, Kobayashi T, Kanagawa S, Kudo K, Lim CK, Takasaki T. Clinical and radiological features of imported chikungunya fever in Japan: a study of six cases at the National Center for Global Health and Medicine. J Infect Chemother. 17:419-423. 2011
チクングニヤ熱の関節炎に関する画像所見が掲載された数少ない論文です!
.Lim CK, Nishibori T, Watanabe K, Ito M, Kotaki A, Tanaka K, Kurane I, Takasaki T.Chikungunya virus isolated from a returnee to Japan from sri lanka: isolation of two sub-strains with different characteristics. Am J Trop Med Hyg. 2009 Nov;81(5):865-868.
スリランカからの輸入症例
.Yamamoto K, Matumoto K, Lim CK, Moi ML, Kotaki A, Takasaki T. Chikungunya fever from Malaysia. Intern Med. 2010;49(5):501-505, 2010
マレーシアからのチクングニヤ熱症例報告
1..Aoyama I, Uno K, Yumisashi T, Takasaki T, Lim CK, Kurane I, Kase T, Takahashi K.  A case of chikungunya fever imported from India to Japan, follow-up of specific IgM and IgG antibodies over a 6-month period. Jpn J Infect Dis. 63(1):65-66, 2010

その他の領域
1.Ooi Y, Daikoku E, Wu H, Aoki H, Morita C, Nakano T, Kohno T, Takasaki T, Sano K. Morphology and infectivity of virus that persistently caused infection in an AGS cell line.Med Mol Morphol. 44:213-220. 2011
Helicobacter pyloriの研究や癌研究、免疫学的研究によく使用されるAGS細胞(human gastric adenocarcinoma 由来)が近年SV5(simian virus 5)に感染していることが明らかになった。本論文ではその持続感染に関して形態学的に解析した。